読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そば屋「176」ー練馬駅

千川通りから練馬駅を越え下り、西武線の線路下を潜ろうとした辺りにあるお蕎麦屋さん「176」(

いちななろく)。

 

以前は、「チャイカ」と言うピザ屋さんだったらしい。遠い昔ではあるが、近くでバイトしてたこともあり「チャイカ」。何となく耳に残っている。

 

店舗は、一軒家を古民家のように古材であしらった内装でした。葵い暖簾を押して、中に入ると雰囲気のある店。

 

お勧めはカウンター

一人で店に入ると、カウンターへと通されました。ラッキーなことに、目の前で大将がそばを打つ姿を目の前で見られました。

 

湿度をチョイチョイ気にしながら、丁寧に作業をされてました。

打ち粉の振り方など、工程こそ大外れて違いなくても、ちょっとした所作が先輩方の仕事を見るうえでは参考になります。

 

本日の天ざるそば

f:id:fu-kung:20170330200936j:image

ざるそばと日替わりの天ぷらのセットの、本日天ざるそばを選びました。この日は、鱧の天ぷらでした。

 

天ぷらは、お塩と一緒にやって来た。そばつゆを汚したくないので嬉しい。鱧天は、一口目「サクっ」。「美味しいな〜」と思いました。が、だんだんと油が重く感じようになった。僅かだけ油っぽさが強いのか。

 

肝心のお蕎麦というと、香りは少ないがもちっとしたノドコシがいいそば。太すぎず、細すぎず丁度いい。

 

前回の「たなか屋」さんも、そうだったけど東京はこう言う特徴のそばが多いのかなぁ〜。

 

そばつゆ、特に美味かった!鰹の風味が強く出ているタイプ。そばに良く合った。

 

そばは、よーく見ると若干不揃いだ。亭主の、そば切を見ると、若干斜めに包丁が降りている気がする。 意図しているのか、ないのかは分からない… ただ、私はこう言う不揃い感は、かなり好きだな。

 

今日も、お旨いそばをいただきました。

老舗そば屋「たなか」ーひばりヶ丘駅

もともとうどん派だった私が

そば屋打ちをはじめると、そばを食する機会が増えてきた。

少しばかり、メモがてらブログでもしてみようと思います。

 

そばへの味覚を洗練されて、腕も上がるといいなぁ...と

 

ひばりヶ丘「たなか」

実は昔住んでいた街、西東京市ひばりヶ丘駅周辺。食べログを覗いてみると、意外にも人気店があった。

 

新しいものに興味の視野が、発見あるな〜  

なんてふらりと行ってみた。

 

ここ?普通の家です。 

食べログのレビューにもあったが、そば屋は普通の家。それも住宅メーカーの家だ。

表札もある。老舗の蕎麦屋は伝統的な日本の家屋感があるのが定番だが、ここはインダストリアルな外観とおばちゃん達が好きそうな西洋テイストの内観。

そして、家らしく靴を脱いぐスタイル。

 

 

「せいろ」と「天ぷら」を頼む 

ジャーン。

f:id:fu-kung:20170326230814j:image

以前に環七沿いにあった「田中屋」の亭主が、引退されてワンコインで食べれるそば屋を始められたという。安心して、天ぷらやだし巻きを頼めるスタイル!

 

そばは、香りやノドコシより、もちもちとした感じ。私が頼んだ海老の天ぷらも、一人で大満足の量でした。

 

どの席も注文されていた、だし巻…私も頼めばよかったかなぁ。

 

 

 今日も、お旨いそばをいただきました。